とし兄の海外医薬品指南!まずはジェネリックを知る

お得な個人輸入

個人輸入とは、海外の製品などを国内で使用することができるようになるものです。
最近では、医薬品の個人輸入を代行する業者も増え、低価格でジェネリックなどを通販で購入できるようになってきています。
病気の治療によっては、医療費が非常に高額達してしまうことがあります。
たとえば・・・
男性のEDや早漏の治療や女性の避妊薬などは、保険の利かない治療となっています。
毎回の使用が必要となる薬は、特に高額になりがちです。
そういった治療費の問題を解決できるのが、個人輸入などで購入できる海外医薬品やジェネリックです。
ここでは、ED治療薬を例にどれくらいお得になるのかを解説します。
国内で処方が行われているED治療薬は現在、3種類あります。

・バイアグラ
・レビトラ
・シアリス

1錠が1300~2000円ほどになります。
毎回のSEX前に服用としているので、回数によってはかなり高額に・・・。
これを海外通販でジェネリックで輸入すると、価格を1/5~1/10程度までに抑えることが出来てしまいます。
もちろん、中身の成分は同じものが使用されています。
つまり、服用時に作用は「血管の拡張作用」となり、勃起不全を改善することが可能になります。
ただし、注意が必要なことがあります。
未成年が購入することはもちろん、出来ません。
また、簡単に買えるものの、あくまでは医薬品です。
安易に考えて購入したり、服用することはいけません。
添付書に書かれた方法を守っての服用が大切です。
購入するのはネットからの注文となっています。
すべて日本語での表記となっているので、おそらく商品が見つからないという事はないはずです。
簡単に購入までのフローをご紹介します。

1.ネットで検索
2.商品を選択
3.住所など必要事項の記入
4.支払い(代行するサービスなので先払いになります。)
5.支払いが確認され次第、10~14日を目安に配送

輸入と聞くと難しいと感じてしまうかも知れないですが、やり方は国内通販となにも変わりません。
もし医療費を下げたいと考えているのであれば、希望する薬があるかも知れません。
まずは、お試しでネットで検索してみてください。